田辺東ロータリークラブについて
現在表示しているページ
ホーム田辺東ロータリークラブについて田辺東ロータリークラブの歴史
ここから本文です

田辺東ロータリークラブの歴史

田辺東ロータリークラブ バナー

田辺東ロータリークラブバナー

昭和4年に天皇が田辺湾に浮かぶ神島(かしま)を訪れました。この時、案内並びに進講を担当したのが田辺在住の博物学者、南方熊楠でした。この邂逅を懐かしみ後に昭和天皇が御製に、
「雨にけぶる神島を見て、紀伊の国の生みし南方熊楠を思ふ」の歌を残しました。熊楠も又、「一枝も心して吹け沖っ風 わが天皇のめでましし森ぞ」と詠いました。このようなエピソードがあり、太古より神の住むという田辺湾内の島嶼:神島。

それに年間平均気温15度の等温線の南側に、なかんずく紀南地方に多く群生していたといわれる浜木綿は、柿本人麻呂の「み熊野の浦の浜木綿百重なす、心は思へど、直に逢はぬかも」でも知られる清楚な可憐花です。
この神の恵み"ふたつ"を田辺在住で元田辺RC会員の故益山英吾画伯がデザインし、当田辺東RCのバナーとしたのです。

歴代会長・幹事

  会長 幹事
1994~95年 小倉貞三 楠本正明
95~96年 辻本 奨 丸山博之
96~97年 石黒勝喜 小山 實
97~98年 畑地 誠 竹中康人
98~99年 山下郁夫 向井 孝
99~00年 鈴木和三 深見晴彦
00~01年 杉若雅宣 泉房次郎
01~02年 榎本善一郎 目崎之郭
02~03年 楠本正明 坂本安生・大友淳男
03~04年 丸山博之 沖 史郎
04~05年 泉房次郎 橋本 隆
05~06年 大友敦男 本田耕二
06~07年 小山 實 武田静也
07~08年 愛須勝章 渡口眞二
08~09年 栗山侑三 山本 亘
09~10年 沖 史郎 谷中順次郎
10~11年 西谷次彦 坂本正人
11~12年 上原俊宏 佐田一三
12~13年 橋本 隆 吉本 正美
13~14年 竹村 英一 後藤 信博
14~15年 谷中 順次郎 岡本 博
15~16年 坂本 正人 畔田 実
16~17年 山本 亘 谷本 司

このページのトップに戻る